結婚式の招待状ー返信の書き方・返事の仕方のマナーと文例 について

返信はがきの書き方マナー,返事の仕方・メッセージの書き方のマナー,結婚式の招待状ー返信の書き方・返事の仕方のマナーと文例,最新情報を紹介しています。


最新記事

返信はがきの書き方マナー

<裏面>

○出席の場合

・「出席」の2文字を丸で囲む。

・受取った人への敬語である「御」の文字は、斜線、二重線か「寿」の文字で消す。

また、「出席」の文字の上に「喜んで」や、「出席」の下に「させていただく。」と書くと、より丁寧さが増す。

※「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も受取った人への敬語であるので消す。


・「御欠席」の文字全てを斜線、二重線か寿の文字で消す。

・余白には、祝福のメッセージを書き添えましょう。

※招待してくれたことに対してのお礼のメッセージなども書き添えるといいでしょう。

○欠席の場合

・「欠席」の2文字を丸で囲む。

丸で囲んだ「欠席」の文字の後に「させて頂く。」など付けると、より丁寧な表現になる。

・受取った人への敬語である「御」の文字は、斜線、二重線か寿の文字で消す。

※「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も受取った人への敬語であるので消す。


・「御出席」の文字全てを斜線、二重線か寿の文字で消す。

・余白には、祝福のメッセージを書き添えましょう。

※欠席の理由を簡単に書き添えるといいでしょう。



返事の仕方・メッセージの書き方のマナー

また、はがきの余白には、「おめでとうございます」「当日を楽しみにしております」など、祝福のメッセージや、招待してくれたお礼のメッセージなども書き添えましょう。

また、出席する際に、交通費や宿泊費を負担してもらう旨が書かれていた場合には、お礼の言葉を忘れないでください。

そして、余興を頼まれていた場合には、喜んで引き受けるというような内容の文面を書くことが好ましいでしょう。


逆に、欠席の場合には、欠席の理由を書き添えてください。

また、簡単に出席できない理由を書いておわびをして、出席できなくて残念だという気持ちを書き添えてください。

欠席の理由が、仕事や家庭の事情の場合にはできる限り、具体的に欠席の理由を書くようにする。

「忙しいので」という理由は相手に対して、大変失礼なので、使わないでください。

ただし、結婚式はお祝い事なので、欠席の理由が、法事や病気や怪我の場合、他の結婚式と重なってしまった場合には、はっきりと理由は書かないのがマナーです。

また、出席できない場合には、式の当日に式場に届くように、祝電をうつのもおすすめです。

祝電の予約は、配達する日の1ヶ月まえから可能なので、ぜひ、祝福のメッセージを送ってください。


結婚式の招待状ー返信の書き方・返事の仕方のマナーと文例

検索