結婚祝いのプレゼント-相場金額とマナー について

結婚祝いの渡し方マナー,結婚祝いの相場とマナー,ワインのプレゼントやタブー,電報・祝電の送り方,お金以外の物を贈る場合の品物選び,オリジナリティあふれる贈り物,結婚祝いの贈り物ベスト3,結婚祝いのプレゼント-相場金額とマナー,最新情報を紹介しています。


最新記事

結婚祝いの渡し方マナー

<結婚祝いとしてお金を贈る場合のマナー>

この場合は祝儀袋にお金を入れて披露宴の会場で受付の人に渡すが、披露宴に出席しない場合には、郵送で結婚祝いを送ることもある。

その場合でも現金書留の封筒の中に祝儀袋を入れて、その中に祝い金を入れて送るのがマナーである。

中に入れるお金は新札を使うことはいうまでもない。

これは折る、汚れるといったことが縁起悪いと思われるためである。

祝儀袋については、贈る金額に見合った金封を使って、濃い墨で表書きを書く。

中にもうひとつ袋があるので、そこには結婚祝いとして入れたお金の金額を漢数字で書く。

この場合の熨斗袋(のし袋)については、シンプルなものから豪勢なものまでいろいろあるが、中に入っている金額によって適切なものを選ぶのが正解である。

1万円以下と3万円以上で大きくデザイン性が変わってくるので、それを目安にして選ぶのが良いでしょう。



結婚祝いの相場とマナー

まず、「別れ」を連想させるものは結婚祝いのタブーとされている。

結婚祝いの金額でそれを当てはめてみると2万円が該当するので、1万円や3万円と言った、奇数を用いるのが一般的である。

1万円や3万円でも割れば5千円や1万5千円になる、という意見はあるかも知れないが、あくまでも1万円単位でのお話なので、奇数×万円という金額が礼儀としては無難である。

また、死を連想させる「4」、苦労を予想される「9」もあまり良くないとされている。

4の場合はそもそも偶数なので避けられるが、9の場合は奇数ではあるが、マナーとしてはあまり良くないということも知っておいて損はない。

あとは、結婚祝いを渡す相手が目上なのか目下なのか、他の招待客との兼ね合いはどうか、など様々な要素を考えてこれらの数字を選択することになる。

結婚をする新郎新婦との関係も結婚祝い金の相場金額に影響してくる。

一般的に親族であれば5万円以上というのが相場であり、血縁関係があることで友人や知人よりも高い金額設定(相場)になるという考え方である。