友人代表のスピーチ①

大切な友人の結婚式のスピーチを頼まれた場合、心のこもったスピーチでお祝いしてあげたいものです。

初めて結婚式でスピーチをする人はもちろんのことですが、何回がスピーチを引き受けたことのある人でもスピーチ原稿を書くとき、何を盛り込んだらよいのか迷うことがあるはずです。

ここでは、友人の結婚式のスピーチに相応しい言い回し・文例を紹介したいと思います。

友人代表としてスピーチを頼まれた場合には、

基本的には、

1、新郎、または新婦と自分との関係。

(例えば、「新婦とは、大学時代のサークルで知り合い~」)


2、新郎、新婦と自分とがどれくらいの仲にあるのか。

(例えば、「新郎とは、一緒に温泉旅行に行ったことなどもあり~」)

などを盛り込むのがコツだといえます。

友人代表のスピーチ②

<友人代表-スピーチの例文1>

○○くん、○○ちゃんは人の痛みを分かってあげられる、人に優しくしてあげられる、そして芯がとても強い素敵な男性(女性)です。

私は、○○ちゃんはその優しさと強さでこれからもずっと○○さんを支えていってくれると思います。

どうか、お2人で暖かな家庭を作っていって下さい。

もう一度、お2人におめでとうの言葉を申し上げ、結びの言葉に変えたいと思います。


<友人代表-スピーチの例文2>

○○くん、○○ちゃん、ご結婚おめでとう。

ただいま、ご紹介にあずかりました○○と申します。

○○ちゃんとは、高校生の時からの友人で、今に至るまで非常に仲良くさせてもらっています。

私は、彼女とたくさんの思い出を作ってきましたが、私が将来のことで悩み、落ち込んでいるときにいつも側にいて励ましてくれました。


新郎や新婦の人柄をうかがわせるような、心温まるエピソードを盛り込むと良いでしょう。

関連エントリー

結婚式の祝辞やスピーチー例文・文例集 TOP >  結婚式 祝辞・スピーチ文例  >  友人代表のスピーチ