同僚のスピーチ①

結婚式で同僚にスピーチを頼まれた場合の文例・ポイントについて紹介します。

同僚にスピーチを頼まれた場合には、どのようなことを言うのがふさわしく、また、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか?

まず、ポイントとしては、会社、仕事先での様子についてスピーチするのがおすすめです。

例えば、

・仕事での成功談や失敗談のエピソード。

・自分が見習うべきだと考える同僚の姿。

などを話すのが良いでしょう。

ただ、失敗談について話す場合には、皆がおもわず笑ってしまうような微笑ましいものにするのがよいと思います。

結婚式で自分が思い出したくないような苦い思い出をスピーチのネタにされると、新郎も新婦もあまりいい気はしないでしょうから。

あくまで、新郎と新婦の新しい人生の出発である結婚式にスピーチで花を添える、というポイントを忘れないようにしましょう。

同僚のスピーチ②

また、会社での様子のほかにも、もし、会社・仕事以外でのおつきあいがあるならば、その話題について触れるのも良いでしょう。

会社以外でのお付き合いについてスピーチする場合には、新郎、または新婦の人柄に触れるようなことをエピソードとして話すのがおすすめです。

例えば、よく一緒に食事に行くのですが、そのときに仕事についてのアドバイスをしてくれたり、悩みを親身になって聞いてくれたりする、など。

ただ、気をつけなくてはならないのは、やはり、新郎や新婦を不快な思いにするようなエピソードは避けるべきです。

会社の以外で親しい関係にある場合でも、新郎や新婦の過去の異性関係の話など、暴露話をしたりするのはやめましょう。

関連エントリー

結婚式の祝辞やスピーチー例文・文例集 TOP >  結婚式 祝辞・スピーチ文例  >  同僚のスピーチ