スピーチで使わない方がいい言葉-忌み言葉①

結婚式の披露宴のスピーチをする場合に、縁起が悪いものとして使ってはいけない言葉というのがあります。

「忌み(いみ)言葉」といって、普段の生活で使うのは問題のない言葉でも、結婚式などのおめでたいお祝いの席のスピーチでは使うことを慎むのがマナーとされている言葉です。

結婚式のスピーチの時に注意する忌み言葉としては、

飽きる、終わる、あせる、薄い、浅い、帰る、返す、重ねる、かさねがさね、悲しむ、嫌う、切れる、たびたび、壊れる、とんでもない、去る、ではまた、流れる、冷える、放れる、再び

などの言葉があります。

終わる や 切れる という言葉は、よくないとみんなが知っている言葉ですが、かさねがさね や 重ねる という言葉は忌み言葉とは知られていないこともあるようです。


これらの言葉は、普段何気なく使っていることが多いのですが、結婚式のスピーチでは他の言葉に言い換えなければなりません。

便利な言い換えのテクニックとしては、同義語に言い換えることで、忌み言葉を避けることが出来ます。

例えば、

スピーチの最後に、「これで、お祝いの言葉を終わります、」といってしまうと、「終わる」が忌み言葉となってしまうので、「お祝いの言葉とかえさせて頂きます。」などといった表現にかえます。

また、「最後になりますが~」の「最後」も忌み言葉ですので、「結びになりますが~」などと置きかえましょう。

スピーチで使わない方がいい言葉-忌み言葉②

ここで、結婚式のスピーチをする場合に、気をつけなくてはならないことをいくつか挙げてみようと思います。

「早く2人の愛の結晶を~」

→現代においては、家族のあり方が多様化してきているので、このような言葉は余計なお世話と思われることもあるので注意しましょう。


「ようやくこの話がまとまり~」

→晩婚の場合には、「この人に出会うために今まで待っていた~」などという表現の方が良いでしょう。


「できちゃった婚で~」

→言う必要のないことをわざわざ言うのは避けましょう。


「姉さん女房~」

→年齢に触れるような言葉(特に新婦)はあまり好ましくありませんので避けましょう。


これらのことに十分に気をつけながら、あなたなりのスピーチを考えてみることをおすすめします。

関連エントリー

結婚式の祝辞やスピーチー例文・文例集 TOP >  祝辞・スピーチのマナー  >  スピーチで使わない方がいい言葉-忌み言葉