結婚式の祝辞やスピーチー例文・文例集 について

友人代表のスピーチ,新郎・新婦のスピーチ,主賓のスピーチ,乾杯のスピーチ・挨拶の注意点,上司の祝辞・スピーチ,同僚のスピーチ,スピーチで使わない方がいい言葉-忌み言葉,結婚式の祝辞やスピーチー例文・文例集,最新情報を紹介しています。


最新記事

友人代表のスピーチ

<友人代表-スピーチの例文1>

○○くん、○○ちゃんは人の痛みを分かってあげられる、人に優しくしてあげられる、そして芯がとても強い素敵な男性(女性)です。

私は、○○ちゃんはその優しさと強さでこれからもずっと○○さんを支えていってくれると思います。

どうか、お2人で暖かな家庭を作っていって下さい。

もう一度、お2人におめでとうの言葉を申し上げ、結びの言葉に変えたいと思います。


<友人代表-スピーチの例文2>

○○くん、○○ちゃん、ご結婚おめでとう。

ただいま、ご紹介にあずかりました○○と申します。

○○ちゃんとは、高校生の時からの友人で、今に至るまで非常に仲良くさせてもらっています。

私は、彼女とたくさんの思い出を作ってきましたが、私が将来のことで悩み、落ち込んでいるときにいつも側にいて励ましてくれました。


新郎や新婦の人柄をうかがわせるような、心温まるエピソードを盛り込むと良いでしょう。



新郎・新婦のスピーチ

新郎のスピーチは、作るのが難しいといったイメージがある人もいるかもしれませんが、新郎のスピーチには定石があるので、その定石に従えば、スピーチの原稿は比較的簡単に作ることが出来ます。

新郎のスピーチには、以下のポイントを入れるのが一応の決まり(文例)となっています。

1.自己紹介。
2.列席者の方へのお礼と挨拶。
3.時候の挨拶。
4.祝辞に対しての感謝の言葉。
5.媒酌人の方と列席者に対する感謝の言葉。
6.結婚披露宴に対する感想。
7.新婦の紹介。
8.列席者の方へのご指導、ご鞭撻のお願いの言葉。
9.新郎・新婦の今後(挙式後)の生活について。
10.結びの言葉。

これらのポイントに沿ってスピーチ原稿を作ると比較的簡単に仕上げることができます。

もしも、アレンジしたい場合には、これらの10項目を基本として、自分で工夫した文章を付け加えるなどオリジナリティーを出すのも良いでしょう。


結婚式 スピーチ 実例 激安ショップ 送料無料 注目のWEBサイト